FC2ブログ

大会No.1右腕 金足農 吉田輝星 14奪三振まとめ 鹿児島実業戦 - 早く知りたいあの芸能人の【ウワサ速報】

大会No.1右腕 金足農 吉田輝星 14奪三振まとめ 鹿児島実業戦

気になる【ウワサ】速報です!!



華原朋美、大物をも落とす恋愛の秘術とは?不倫・愛人を繰り返す理由が衝撃!
チャンネル登録お願いします⇒https://www.youtube.com/channel/UClFqZ9Fw40aCeDCW_gfHAdg 華原朋美、大物をも落とす恋愛の秘術とは?不倫・愛人を繰り返す …

こんな動画を探してきました!!



大会No.1右腕 金足農 吉田輝星 14奪三振まとめ 鹿児島実業戦



第100回全国高校野球選手権記念大会

○金足農(秋田)5-1鹿児島実(鹿児島)●(8日・阪神甲子園球場、1回戦)

ピンチになると、別人になる。それが大会屈指の右腕・金足農の吉田だ。走者を背負った毎回の9イニング中6回、3アウト目を高めの直球による空振り三振で奪った。

象徴的なのが七回2死一、二塁。フルカウントからギアを入れた。本人いわく3段階のうちで「2寄りの3」。145キロの直球は真ん中高めのボール球だったが、鹿児島実・益満にバットを出させて空振り三振に仕留めた。この試合で何度も見た光景だった。

なぜ高めの直球に手を出すのかは、益満の言葉に答えがある。「真ん中だと思って振ったら、高めのボール球だった」。最速150キロを投げる吉田対策として通常より3~5メートル近くで打撃練習をした鹿児島実。「高めは捨てる」と試合中も話し合っていたが、吉田の「ボール球」は、打者には「ストライク」に見えたのだ。

吉田は3年生になってから投球のギアを使い分けるようになった。1段階目はストライク先行。走者を背負うと1段階上げて、体をより大きく使うように意識する。球速が上がり、スピンも利く。最も力を込める第3段階は「コースは狙わなくても伸びで空振りを取れる」という。その片りんを初の甲子園で見せた。

この日奪った三振は14個に上った。ただし、力を抑えて投げた時に打たれて被安打9。球数も157球と多かった。自己採点は「30点」と低い。「みちのくのドクターK」のエンジン全開はこれからだ。・・・続きはこちら⇒芸能界【ウワサ】情報局


【教えて!goo】より



第100回 全国高校野球選手権記念大会 夏の甲子園 決勝戦[エンターテインメント・スポーツ>スポーツ>野球]秋田の金足農業が吉田輝星という投手を軸に決勝まで勝ち上がりました 対するは、大阪桐蔭 どうなると思いますか?

そのほか気になるニュースです!



安倍首相、平成のヒット曲「世界に一つだけの花」に触れ若者&新時代に期待 新元号「令和」会見
Array

関連のAmazon商品



スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 早く知りたいあの芸能人の【ウワサ速報】 All Rights Reserved.